FX比較・初心者向け解説

円高について・・・

現在は異常なまでの円高を示しています。
円高になると、輸出企業の売り上げが減ってしまうというデメリットに加え、その影響によって日本企業の株価が全体に下落してしまいます。
これによって円安で積極的に投資していた海外の投資家たちも、そこで一斉に投資を中断し始めます。
しかし、円高にもメリットもあるということを覚えておいてください。
まず輸入品が安くなります。海外の商品を安く仕入れることができるようになるので小売価格もおのずと低く設定できるのです。
つまり円高の場合は、私たち一般の消費者に関しても、その恩恵を受けることができるのです。
原油などの価格に関しても同様に安くなります。電気やガスなどのエネルギー全般が安く使えるようになるのです。

さらに海外旅行に出かけたときには、その影響を肌で感じることができるでしょう。
例えば、50ドルの衣類を購入するときに、一ドル=120円なら6000円支払う必要がありますが、一ドル=80円なら4000円で済むのです。

こういった円高状態になるには、いくつかの要因があるということを覚えておきましょう。
まず、円高のきっかけとして挙げられるのは、日本製品の輸出の増加です。
車や家電製品など、日本の人気製品が海外へ輸出されれば、当然のことながら現地の通貨で代金が支払われます。
しかし、輸出企業には日本円が必要です。
そのため、もちろん現地でうけとった代金は円に両替されるわけなのですが、両替をした銀行では外貨の保有量が増えるので外貨の調整が行われるのです。
この調整が行われれば行われるほど円高の方向へ傾くのです。

もちろんこの他にも、海外からの投資なども円高の要因として挙げることができるでしょう。
海外の投資家にとっては日本の株式に投資するときに為替レートも重要視しているのです。
さらに、2010年には欧米経済の低迷からの避難先として日本円が買われ、急速な円高が進んだこともあります。

MAIN MENU