FX比較・初心者向け解説

利食いの奥深さ…

為替相場における有名な格言のひとつに頭と「頭と尻尾はくれてやれ」というものがあります。
魚の頭としっぽは敢えて食べずに、真ん中の身の部分だけ食べようという意味です。
まさに為替取引にも同じことがいえるでしょう。
常に動き続けている為替相場ですから、先のことは専門家ですら100%こうなると断言することはできないでしょう。
利食いをいれるタイミングによっては、もう少し早ければ・・・もう少し後でも・・・という気持ちになるかもしれませんが、あまり欲張りすぎてしまうと利食い損ねる可能性だってあるのです。
その危険性を説いた格言として広く知られています。
もっとも、利食いのタイミングは非常に難しいものですよね。
そこで重要なのは、利食いの目標を自分で決めてしまわないことでしょう。
いくら儲けるのを目標にしようと自分で勝手に線を引いてしまうのは非常に危険なのです。
なにせ、相手にしているのは為替相場、1分後には何が起こるかわからない世界です。
どんなに優れたエコノミストの予想であったとしても、外れてしまうことはよくあります。
自分の感覚で、相場の動きを感じて、察する事が重要といえるでしょう。

もちろん、現在では様々なFXツールが登場しています。
それらを大いに利用し、また、自らのテクニカル分析などで勝利を勝ち取ることがFXを制する必須条件といっても過言ではありません。
しかし、先述したとおりに、それらの予想通り相場が動いてくれるとは限りません。
だからこそ、時には勘や間隔も必要なのです。
なんとなく危険を感じたら、速やかに手仕舞うことも戦略のひとつとして認められます。

とはいっても、相場が自分の予想通りに動いてくれることも、もちろんあるでしょう。
そんななかで評価益が出てくると、「もっともっと」と欲が出てきてしまうのも理解できます。
しかし、利益は確定することで、ようやく形となります。欲張って確定する手をこまねいていると、「ただの評価益」になりかねません。
なんといっても為替相場は展開が速いですから、ポジションに対して、いつも利食いのターゲットを持つように心がけるのが大切です。

MAIN MENU