FX比較・初心者向け解説

保合いって何?

FXを実践的に扱うことができるようになると保合いという言葉を耳にすることが多くなるかと思います。
保合いとは、トレンドがレジスタンスラインやサポートラインに近づいた時に売り手と買い手がせめぎあう事象をさしています。
チャート上では、短期的なスパンで山と谷が繰り返されているのを確認することができます。
この保合いは、最終的には時間が経過することによって終焉します。その後は新しいトレンドが形成されるというわけです。

ちなみに、サポートラインとは、為替が下落する時に抵抗となるポイントを指しており、逆にレジスタンスは為替が上昇する時に抵抗となるポイントのことを指しています。

保合いについてですが、実はこれにはいくつかの種類があるのでチェックしておきましょう。
・三角保合い
(シンメトリカルトライアングル、アセンディングトライアングル、ディセンディングトライアングル)
・フラッグ
・プローニングフォーメーション
・ダイヤモンドフォーメーション

三角保合いとは、保合いの山と山を直線で結んだ際に形成される三角形のことで、二つの直線が交わった三角形の頂点をアペックスと呼ぶということは覚えておきましょう。
まず、直線を結んだ際に、二等辺三角形のような形を形成するのが、シンメトリカルトライアングルといいます。
左上の角度が最大となる直角三角形のような形のときはアセンディングトライアングル、左下の角度が最大となる直角三角形のような形のときは、ディセンディングトライアングルと呼ばれます。
山と山を結んだ際に四角形を形成するものをダイヤモンドフォーメーション、フラッグとプローニングフォーメーションは三角保合いの変形型のようなイメージですね。

保合いは、せめぎあっている状態だと先述しましたが、まさにその通りで、保合いを抜けると一気に新しいトレンドが始まるといっても過言ではありません。
その背景に、保合いを抜ける際は、ストップロスがまとまっている可能性が高いという点が指摘できます。
このタイミングでのストップロスが多ければ多いほど、売買数は増え、為替相場は大きく動きます。

この保合いのタイミングを知っているのと知らないのでは大きな差がつくでしょう。
保合いはある意味で、有力なツールになるのです。

MAIN MENU