FX比較・初心者向け解説

FXと他の投資商品の違い

FX、つまり外国為替証拠金取引ともっとも類似している投資商品といえば、外貨預金でしょう。
しばしばFXと外貨預金との違いがわからないという混乱をきたすことがあるように、この二つには共通点があります。
しかし、ふたを開けてしっかりと確認してみると全くの別物ですから、外貨預金についてもよく調べてみましょう。
そもそも外貨預金は、日本円を外貨にして預金するものです。当然金利もつきます。
預け入れ・引き出しの際は手数料がかかるという点もチェックポイントでしょう。
また、外貨預金は預金保険を適用することができないので、特に多額の預金は危険です。

ではFXではどうでしょうか?
FXは外貨預金と異なり、往復1ドル当たり2銭から10銭程度の手数料ですみますが、外貨預金では1ドル当たり往復2円もの手数料がかかります。
余計なコストで、これだけ価格が違うとFXの魅力を実感できますね。
さらに預金保険の適用についての点でも大きな差があります。
銀行で外貨預金を行う際は、当然のことながら扱う額をすべて預金しなくてはいけません。
現在では、銀行は不良債権を多く抱えており、倒産してしまうということも有り得ないことではありません。
それなりのリスクを抱えざるをえません。
それに対してFXはどうでしょうか?
FXではわずかな証拠金を預け入れるだけで、その何十倍もの金額を運用する事ができます。
おなじ預金保険の適用がない状況でも、FXなら外貨預金よりも小さなコストで同等のメリットを得ることができるのです。

では株式の証券取引とはどこが違うのでしょうか?
そもそも扱う商品が違いますが、それぞれどのような長所・短所をもっているのでしょう?
まず、FXは各国の通貨の相対的な価値を取引します。それに対して株式は企業の将来性に対して投資を行う訳です。
FXでは、国が滅びてしまわない限り、通貨は一定の価値を持ち続けます。それに対して、株式は企業が倒産してしまえば一円の価値も持たなくなるのです。
もちろんこの点は比べること自体が微妙なところではありますが、いずれにせよ、FXは安心して取引できる投資ではないでしょうか?

MAIN MENU