FX比較・初心者向け解説

トレードの仕方は?

FXで利益を出すには、当然のことながらトレードをして取引しなければいけません。
そのために、まず「注文」しましょう。
とはいっても、FXでは注文の方法がいくつかあります。
株を購入する際にも使われる成り行きや指値など、その注文方法は多岐にわたり、またそれぞれに魅力があります。

まず、もっとも一般的な注文方法をご紹介しましょう。
それは、「成り行き」です。
その時の為替レートでトレードできるので、「すぐに買いたい・すぐに売りたい」という場合にピッタリの注文方法です。
実際に、成り行き注文する時には、為替レートを一瞬とめることができます。
わずか数秒ですが、その為替レートで固定されたまま取引ができるので考える時間もわずかながら与えられます。
この成り行き注文は、非常にわかりやすいのですが、当然のことながらパソコンの前でレートを確認し続ける必要があります。
そのため、時間に余裕がない方には、あまり向いていない注文方法かもしれません。

続いて指値についてです。
指値という言葉からも連想する事ができますが、指定した値段でトレードを自動的に行うように設定しておく注文方法です。
安い値段のときに買い、高い値段のときに売るようにセットしておくので単純明快かつ非常に合理的な印象を受けます。
値段を指定しておけば、あとは自動的にトレードされるので、常に為替レートを確認できないという方にはオススメです。
しかし、裏を返せば、指定した値段に達するまでトレードが行われることはないので取引に時間がかかります。
これはデメリットになり得る要素ですね。

この指値の条件の反対の性質をもっているのが逆指値とよばれる注文方法です。
高い値段で買い、安い値段で売ります。
なぜこのような悪条件で取引するのでしょうか?
これは、為替が思うように動かず、損失が発生してしまった場合の安全装置としての役割を果たしています。
つまり、損をしても最大で○○円までという条件を自分で設定しておく戦略ということです。

この他にも、IFDやOCO、IFOなど合計で6種類の注文方法があります。
いずれも様々な長所・短所がありますが、自分の都合にあわせて賢く利用する事が求められるでしょう。

MAIN MENU